<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

闘士ゴーディアン

0


     【このアニメの魅力】

    ・まず作画が酷いです。同じ回の中でころころキャラクターの顔が変わるのは当たり前。時には「誰だ、お前」と突っ込みたくなるほどです。

    ・だから絵もあまり動きません。あまりアニメーションをしていません。紙人形劇かと思わせるほど。

    ・演出も酷いです。まるで全く絵コンテきったことのないずぶの素人がやってるのか、と思うほど酷いカットや演出の回が多々あります。

    ・編集や撮影も酷いです。口パクが合ってないこともしばしば。セル画の重ねミスもしばしば。少ない素材で時間稼ぎをしたためか、登場人物やメカの速さが明らかに遅いこともしばしば。

    ・脚本も割と酷いです。かなり雑です。ところどころつじつまが合ってなかったり、無理矢理つなげたり、強引な展開に持っていったり、特に最終回は今まで見て来たどのマンガやアニメなどのまとめ方よりも酷いものを目の当たりにしました。

    ・「ブリザード・アタック!!」って叫んでるのに炎の技を出します。

    ・『MUSASHI -GUN道-』や丸いキャベツやヤシガニとか、作画崩壊と呼ばれるアニメがまともに見えてきます。

    ・なんと、そんなアニメが73話もあります。同時期に放送されていた『機動戦士ガンダム』は打ち切りだったのに、こちらは延長を重ねて6クールほどあります。富野さんが、男の子はメカにしか興味がいかない、と拗ねていた気持ちも分かるような気がします。

    ・だからこそ、コメントでツッコんだり、他の皆のツッコミを見れたりと、ニコニコ動画で見るのにとても適しています。というか、コメントがなかったら最後まで見ていたか分かりません。

    ・将来アニメーターやアニメ演出家などを目指すに人には、「こんなアニメがこんなに続いたんだから、僕も(私も)この仕事に就ける!」と夢や希望を与えてくれます。



     と、いろいろ酷いこと言いましたが(といっても事実なのですが)、中盤以降は話も面白くなっていき、作画や演出はとても酷いが、何だか愛着がわいたり続きが気になった不思議な作品です。
     ニコニコ生放送で平日の夕方6時に放送されてるタツノコアニメ劇場に、そのうち出てくるかもしれません。糞アニメ、糞映画などが好きな人にはもってこいのアニメです。おすすめします。


     




     
    葉風 * アニメ(た行) * 15:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ